タイトル

用語一覧:ハ

バタフライ<butterfly>

butterfly

バタフライとは、ヒップホップの基本的なステップのひとつ。脚を開いた状態で膝を中心に内側に巻き込む、あるいは外側に回し開きながらリズムを取るステップのことをいうよ。ジャンプしながら体を地面と平行に保ち、脚を扇型に開いて1 回転する技なんだ。「扇子」と呼ぶこともあるよ。

バックスピン<backspin>

バックスピンとは、ブレイキングの技名のひとつ。
背中を地面に着け、重心を取りながら回転するんだ。
映画で一躍世界的に有名になった技だよ。
地面に手を着き、うつぶせの状態から入る「NYスタイル」と背中を地面に着け、あお向けの体勢から脚を開いてスピンする「LAスタイル」の2 つの開始方法がある。すべてのブレイカーにとって基本中の基本と言える技なんだ。バック・スピンはうまい人になると「手足の判別が付かないぐらい」高速で回る人がいて、とってもカッコいいぞ!

パドブレ<paddbre>

パドブレとは、両足をクロスしながらリズムを取るステップで、ハウス、ジャズ・ダンス、バレエなどすべてのダンスに共通して行われる、ダンスの基礎中の基礎ステップ。右足から始める場合、右足を左足の斜め後ろにクロスする→左足を左方向に引き寄せ、右足とそろえる→右足を右横方向にスライドさせながら踏み出す。左足はその逆で行うんだ。 もともとはフランス語の「パ・ド・--(pas de--)」で--のステップ」という意味に、18世紀の舞踊である「ブーレ」(ブーレというのは闘牛士の踊り)という言葉が付け加えられたもの。ちなみに、ジャズ・ダンス、バレエ、ハウスでそれぞれ「パドブレ」の形態は微妙に違うんだ。

バトル<battle>

バトルとは、現在も活躍しているアーティスト、DJ・アフリカ・バンバータが提唱したヒップホップ・カルチャーの精神のひとつ。ストリート・ギャングたちが、抗争で殺し合い、銃器などを乱用したことに対して「仲間同士殺し合うのはばかげたことだ、戦うならその文化で戦え」と呼びかけたことから始まったと言われているんだ。このバトルはダンスに限らず、ラップ、グラフティ、DJなど、ヒップホップ・カルチャーの成立と思想に深くかかわる言葉だよ。

パペット・スタイル<puppet style>

パペット・スタイルとは、ぶら下がった操り人形のような状態でリズムを取るスタイル。手首から先の力を抜いて、腕の動きをひじでコントロールしてポッピングを踊るスタイルのことだよ。

パラレル<parallel>

パラレルとは、両足をつま先からかかとまで平行に保つ基礎姿勢のことをいうよ。このとき、脚の付け根から前向きにそろえ、脚全体を平行に保つんだ。

パワームーブ<power move>

パワームーブとは、ブレイクダンスにおいて「ウィンドミル」、「ヘッド・スピン」、「トーマス」、「エー・トラックス」などの回転系ムーブやアクロバット系のような大技を、「パワームーブ」と呼ぶことがあるよ。また、略して「パワー」とも呼ばれることもあるんだ。

パンキング<punking>

パンキングとは、主に、腕をムチのようにしならせてリズムを取る踊り方。ダンスのジャンルというよりは「ダンス・テクニックのひとつ」ととらえた方がいいかも。

punking.jpg

ハンドウェーブ<handwave>

ハンドウェーブとは、基本的にはウェーブの延長線上にあるテクニック。指や手で触った位置にウェーブが続くように見せていくんだ。「タッチ・ムーブ」と同じ意味で使われる場合もあるよ。