ダンス達人から学べ!

第2回 ヒップホップについて

前回はダンスのジャンルを紹介させてもらったけど、今回からは詳しくひとつひとつのジャンルについて紹介していくよ。最初に紹介するダンスのジャンルは「ヒップホップ」!!

70年代後半にNYで生まれたヒップホップ。

ダンスの「ヒップホップ」を語る前に、カルチャーとしての「ヒップホップ」を知らなければいけないね。「ヒップホップ」とはそもそも、70年代後半にアメリカはニューヨークで生まれたブラックカルチャーのことで、 4つのエレメンツ「ラップ」「DJ」「グラフィティ」「ダンス」から成り立っているんだ。だけど、ここでのダンスは「ヒップホップダンス」ではなく、「ブレイクダンス」のことを指しているので注意してほしい。

ヒップホップ

ヒップホップに合わせて踊るダンス = ヒップホップダンス。

では、今言われているダンス、「ヒップホップダンス」はどうやって生まれたのかというと、前述のブレイクダンスはもちろん、それまでにあったソウルダンス、ポップなど、さまざまなダンスの影響を受けて生まれたと言ってもいいかもしれない。それに、誕生後もレゲエ、ジャズ、R&Bなどさまざまなダンスの要素を取り入れたスタイルが生まれ、進化を続けている。2005年、映画でもブレイクした、感情を爆発させるようなスタイル「クランプ」も記憶に新しいところだね。

このように「ヒップホップ」にはさまざまなスタイルがあり、現在では「ヒップホップに合わせて踊るダンス=ヒップホップダンス」ととらえられているようだ。また、ヒップホップは時代によってもスタイルは分類されており、70年代~80年代前半は「オールドスクール」、80年代後半~90年代前半は「ミドルスクール」、90年代後半~現在は「ニュースクール」と呼ばれるているんだ。

アップ、ダウンの音の取り方が基本。

最後にダンスの動きを解説すると、ヒップホップは、アップ(上で音を取る)、ダウン(下で音を取る)の2種類の音の取り方が基本になっているのが大きな特徴。あたかも走っているようにみせる「ランニングマン」、足をつま先とカカトを支点に開いたり閉じたりする「クラブステップ」などが代表的なステップだね。

ランニングマン クラブステップ
ランニングマン クラブステップ

さて、次回「ブレイキン」について紹介して行くのでお楽しみに。


■ダンススタディトップへ  ■ポッキーノダンス用語辞典へ

プロフィール

VOK

雑誌『ダンス・スタイル』編集部員

ダンス歴?年。ダンサーを夢見るが挫折し、 踊るよりも見る方に傾倒。ダンスビデオ/ショーケースを見てきた数だけは一人前(のつもり)。趣味で『黒道246』というイベントを不定期開催中。