用語辞典トップヘ戻る

筐体に車のアクセルペダルのようにつけられた可変ポットで、足で操作するエフェクター。ペダル部分を踏み込むと「ワウ・ワウ」と鳴るが、これは、ペダルの下にある可変抵抗器が回転することで、フィルタをかける周波数を変化させる。踏み込んだペダルの位置に応じて音質が変化することも特徴。シンセサイザーのフィルタのカットオフ・フリケンシーと同じような働き。

「Low Fidelity」の略。エフェクターの一種。「Hi-Fi」に対して、音質があまりよくない状態を指す。音楽制作上、エフェクターなどを使って意図的にノイズを含ませたり、ざらついた悪い音質を加えたりすることもある。

コンプレッサーやノイズゲートなどエフェクターに備わっているパラメータのひとつ。エフェクトをかける前と後とを比率で表し、エフェクトのかかり具合を調節できる。

音に残響音を加えるエフェクターのこと。エコーやディレイが山びこのような反響音として聞こえるのに対して、リバーブはコンサート・ホールやお風呂のような細密な残響を再現できる。

録音したそれぞれの素材を混ぜ、音量バランスや定位を調整し、エフェクターを使って楽曲として完成させること。

mixer.jpg

入力された複数の音を取りまとめて、ひとつの音として出力する機材。付加機能として、それぞれの音を加工・補正する機能、音量バランスや各楽器の出力位置を確認しながら調節できる機能が備わっていたり、あるいは外部のエフェクターとの入出力端子が装備されているのが通常。

写真提供 Link:コルグ

楽曲や原盤(マスター)に対して、プレス(大量複製)前に行う作業工程のこと。音声や楽曲、内容などを記録するだけでなく、音量や音質、音圧を調整する、曲順を決める、曲間を決める、など最終的な調整作業がある。

装置全体の音量を決めるボリュームつまみ。各トラック、各チャンネルをまとめた全体のボリュームを調整できる。

ディレイを応用したエフェクターのひとつ。原音に対して微妙に遅らせた音を加え、さらにこの音を再び入力に戻すことで、音がうねり、広がり・奥行きともに、独特な質感となる。ジェット機の飛行音に例えられることが多い。フェイザーと比べて、強力で現代的な音が期待できる。

エフェクターのひとつ。楽器からの信号レベルを増幅し、より大きな音量を得るもの。効果としては「音量を上げる」だが、後につながるエフェクターやアンプなどで信号の歪み方が変わる効果を狙って使用することも多い。

出力から入力に信号を戻すこと。また、マイクとスピーカーを近づけたときに出るハウリングを、うまく利用したギターの奏法。

歪み(ひずみ)系と呼ばれるエフェクターのひとつ。1960年代のサイケ時代からある最初のエフェクター。波形の輪郭をつぶしてしまうファズの効き目は、他の歪み系エフェクターと比べても強烈な効果が得られる。

音声信号がスピーカーやアンプのピークを超えた時などに発生する割れた音(歪み)を作るエフェクターの総称。主にロックを中心に、表現の一部として利用するようになった。ファズ、ディストーション、オーバードライブなどがこの分類に入る。

演奏する各楽器やパートの音がどこからどのくらいの音量で聞こえてくるか、その音の定位(パン)を決めるミキサーのツマミ。また、MIDIのコントロールチェンジでも操作できる。

イコライザーの一種。音色を変えたり補正できる。中心周波数や特性の鋭さ(Q)が固定されておらず、より細かい音の編集ができる。略して「パライコ」と呼ぶこともある。

自由にレベルを変えることのできる設定項目のこと。音を作るためにセッティングする全ての要素のひとつひとつがパラメータ。

音に関する現象のひとつ。スピーカーから出た音や共振がマイクに入り、さらにアンプで増幅され、スピーカーから出て再びマイクニ、というような繰り返しから、「キーッ」などの不快感を伴う音が出る。この現象をうまく応用したギターの奏法に、フィードバック奏法がある。

エフェクターのひとつ。一定の音量以下の音を遮断する装置。通常、ノイズの音量は声や楽器の音に比べてかなり小さいため、パラメータを適切に設定すれば、音質を変えないで効率的にノイズを消すことができる。

同じ音を細かく連続して発音すること。エフェクトとしては、持続する音の音量を小刻みに大小変化させる効果を言う。

複数トラックに録音された状態の楽曲のバランス調整やエフェクト処理をして、一般のCDプレーヤーなどで再生できるようにトラックをまとめること。

電圧、電流、電力などの大きさを比較するために、対数を使って表した比率の単位。数値として表現しにくい音量も、人間の感覚に近い表現ができるのが特長。記号は「dB」。

エフェクターのひとつ。音を遅らせ、音の間隔を調整する。

音に残響音を加えるエフェクターのひとつ。原音と同じものが、少し遅れたタイミングで聞こえてくる効果。リバーブが細かな揺らぎをもってコンサート・ホールやお風呂のような残響を再現するのに対し、山びこのような反響音として聞こえる。

歪み(ひずみ)系と呼ばれるエフェクターのひとつ。波形の上下を切り取るように効果を作り出している。オーバードライブに比べて、より歪みの度合いが強く、荒々しく硬質で深い歪みまで達することができる。

リミッターやコンプレッサー、ノイズゲートなどのエフェクターに備わっているパラメータのひとつ。エフェクターの効果は、入力した信号があるレベルを越えるとかかり始めるが、その「あるレベル」を自由に設定できる。

エフェクターのひとつ。設定した音量に対して、大きければ音量を下げ、小さければ上げることにより、音量の差を一定に近くすることができる。また、パラメータの設定によって用途が多岐にわたり、コンプレッサー特有の「つぶれたサウンド」を利用するという意味で、音質や音色を加工する用途で使われることも。

揺らし系、あるいは空間系に分類されるエフェクターのひとつ。微妙ににピッチ(音程)をずらした音を重ねることで音に厚みを与えたり、ずらした音を周期的に変化させることでうねりを生むこともできる。穏やか、爽やかなニュアンスを得られる。

イコライザーの一種。音色を変えたり補正できる。中心周波数と特性の鋭さ(Q)があらかじめ固定されている。スライド・ボリュームのつまみの位置で視覚的に把握しやすいのが特徴。略して「グライコ」とも呼ばれる。

「Quality factor(クオリティ・ファクター)」の略。イコライザーのパラメータのひとつで、周波数特性カーブの山谷の幅を調整することを指す。特定の周波数を指定してノイズを目立たなくしたり、または特定の周波数帯域の音量を自然に上げ下げできる。

入力した音声信号から1オクターブ上や下、または2オクターブ下の音を生成し、ミックスするエフェクター。コードなどの和音は扱えず、単音だけに有効。

歪み(ひずみ)系と呼ばれるエフェクターのひとつ。アンプに入力される音声のレベルが大きすぎて歪んでしまった音に似た音色を得るエフェクター。ファズやディストーションに比べてマイルドでナチュラルなニュアンスがある。

エフェクトの一種で、音をはっきりとさせる効果のあるものを指して使われる。一般的には、高音域の周波数成分を足して、こもった音をきらびやかな音色に甦らせるエフェクターを指し、エキサイターとも呼ばれる。

もともとの音声を加工し、効果を加える装置。代表的なものに、リバーブやコーラス、ディレイ、コンプレッサー、イコライザーなどがある。

低音から高音まで周波数帯域を細かく分けて、それぞれを調節でき、自分好みの音質に変えられる機器やソフトウェア。音楽制作はもちろん、ノイズ対策やハウリング対策にも使われることも。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ