用語辞典トップヘ戻る

midi-controller.jpg

演奏情報をMIDI信号に変換し、音源やパソコンに送るための機器。ミディキーボードはこの中の一種。

写真提供 Link:コルグ

midi-keyboard.jpg

鍵盤型のMIDIコントローラーで、演奏情報をMIDI信号に変換して音源やパソコンん送ることができる。演奏するのと同様に扱えるため、より効率的に音楽制作ができる。

写真提供 Link:コルグ

midi-interface.jpg

機器間の情報のやり取りを仲介するインターフェイスの中でも、MIDI機器とパソコンとの間をつなぐものが「ミディ・インターフェイス」。一般のパソコンにはMIDIケーブルをつなぐ端子がないため、その変換器としてミディ・インターフェイスが必要とされたが、ミディ・インターフェイスの備わったキーボードも登場、USB接続やり取りできるようになっている。

写真提供 Link:コルグ

MIDI機器に演奏情報を伝えるために入力する指示言語。音色や音量、時間などをそれぞれ数字に置き換えて定義している。

「Musical Instrument Digital Interface」の略。電子楽器同士を接続するための通信規格。シンセサイザーやシーケンサー、コンピュータなどの接続方法と制御方法を統一し、相互に利用できることを目的に作られた。接続するためのハードの部分と、データの中身を定めたソフトの部分とが定められている。

いくつもの楽器の音色を同時に演奏できる、多数のパートを持つ音源。通常、ドラムやベース、ギター、ピアノなど、様々な音色が集まって表現される楽曲でも、マルチティンバーに対応していれば、1台で制作が可能となる。

音量をコントロールするMIDIイベント。エクスプレッションやベロシティと違い、表現としてのコントロールではなく1曲を通して1つのパートの音量のバランスを調整するもの。

音の強さを表すMIDIイベント。鍵盤を叩く強さ(正しくは「鍵盤の押し込まれる速度」)を数値で表し、その大小を調整することで演奏の強弱を表現できる。

シーケンサーやシーケンスソフトにおいて、打ち込みの時間的な精度を表す。4分音符を何分割できるか数値で表され、値が大きいほどリアルな演奏が再現できる。タイムベースとも言う。

音程を滑らかに変化させること、また、音程を滑らかに変化させるMIDIイベント。シンセサイザーに付いているコントローラーを操作することで、ギターのチョーキングのような効果を得ることができる。

MIDI鍵盤に割り当てられた番号で、音程を表す。中央のC(ド)を60とし、その上下に半音単位で0~127の番号が割り当てられている。

MIDI形式の機器やソフトウェアの間で演奏データを扱う際の標準的なファイル形式。シーケンサーやシーケンスソフト、エディタやプレーヤーのほとんどが対応している。

「GENERAL MIDI」の略。機種が異なっても意図する音色で演奏できるよう、音色の配列などを定義した世界標準の規格。XG、GSなどは、GMを内包しながら機能を拡張した規格ということになる。

ローランド社によるGMの拡張規格。音色配列、エフェクトなどパラメータを統一し、GS規格同士であれば、正しく演奏ができる。またGM規格と上位互換を持ち、GM用のMIDIデータも再生が可能。GMに比べてより多くの音色、音質バリエーションやエフェクトを持っている。

MIDI機器をコントロールするときに使うコントロール番号。鍵盤以外の演奏情報を、コントロールナンバーで管理しており、これをモジュレーションやボリューム、パンなどのコントローラーにアサインして操作することができる。

鍵盤を押したときから離すまでの時間。クロック数で音長を表し管理する。シーケンサーでは、ゲート・タイムで音長をコントロールする。

ヤマハ社によるGMの拡張規格。音色配列、エフェクトなどパラメータを統一し、XG規格同士であれば、正しく演奏ができる。またGM規格と上位互換を持ち、GM用のMIDIデータも再生が可能。GMに比べてより多くの音色、音質バリエーションやエフェクトを持っている。

MIDIのコントロールチェンジのひとつ。「表現する」という意味だが、楽器の音量などをコントロールし、音量の変化で表現することを指す。クレッシェンドやフォルテ、デクレッシェンドなど抑揚の変化を、MIDIでは数値に置き換えて処理する。

シンセサイザーなどの電子鍵盤楽器において、一度鍵盤を押した後、さらに押し込むことで、ビブラートやモジュレーション、ポルタメント、あるいは音色の変化などの効果を付ける機能。

MIDI規格で定められているMIDIメッセージのひとつ。MIDIは基本、片方送信であるため、接続不良や断線などがないか、接続状態を確認できる。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ