用語辞典トップヘ戻る

パラメータのひとつ。ある音から次の音へ、途中の音を経過しながらなめらかに演奏するときの、目的の音高へ到達するまでの時間を設定できる。

ある音から次の音へなめらかに移行すること。シンセサイザーは周波数全てを通過する音で次の音に移れ、音が移行する時間の設定も自由にできる。また、和音の移行についてもごく自然に聴こえるよう、英語では「グライド」。

音量をコントロールするMIDIイベント。エクスプレッションやベロシティと違い、表現としてのコントロールではなく1曲を通して1つのパートの音量のバランスを調整するもの。

ピアノやギター、シンセサイザーなどで、同時に複数の音が出る(つまり、和音が演奏できる)こと。シンセサイザーの場合、同時に演奏できる音数に制限があることもあり、和音を演奏できるシンセサイザーのことを「ポリフォニック・シンセサイザー」と呼んだりする。

vocoder.jpg

人の声や効果音を楽器音として使えるようにするための、音声圧縮技術の一種。リアルな音声をボコーダーに通すことによって、シンセサイザーにおける周波数に当てはめられ、楽器の音程に合わせて自由に演奏できる。

写真提供 Link:コルグ

サスティンペダルやダンパーペダルのように、音を持続させる効果のこと。コントロールチェンジの「ホールド1」で設定でき、ピアノやオルガンなどを表情豊かに演奏できる。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ