用語辞典トップヘ戻る

2種類の音を掛け合わせるエフェクター。2つの入力に入った信号の和と差を出力することができる。入力された音の周波数の違いにより、不協和音的、金属的な音色で出力されることが多い。鐘やチャイム、爆発音など、特殊な音を作ることができる。

2つの音楽制作ソフトウェアの間で連携をとり、MIDIやオーディオデータをリアルタイムでやり取りするためのシステムのひとつ。Propellerhead社によって開発された。

演奏をやめて(鍵盤から手を離して)から音が消えるまでの、余韻の残った時間。シンセサイザーでは、この時間の長さを自由に設定できる。

エンベロープ要素のひとつで、演奏をやめて(鍵盤から手を離して)から音が消えるまでの余韻の部分を言う。

音に残響音を加えるエフェクターのこと。エコーやディレイが山びこのような反響音として聞こえるのに対して、リバーブはコンサート・ホールやお風呂のような細密な残響を再現できる。

逆再生のこと。オーディオ波形の位置を前後逆転させてデータを逆読みすることで逆再生となり、特殊効果を出すことができる。

実際に演奏して録音するように、演奏と同時にデータ化して記録していく方法。人の手による微妙なニュアンスがそのままデータにできる。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ