用語辞典トップヘ戻る

リミッターやコンプレッサー、ノイズゲートなどのエフェクターに備わっているパラメータのひとつ。エフェクターの効果は、入力した信号があるレベルを越えるとかかり始めるが、その「あるレベル」を自由に設定できる。

弦楽器の総称。弦楽器を主体とした演奏のことも指す。シンセサイザーの音色の場合も同様で、バイオリンやチェロなど、弦楽器の音色で比較的大編成のアンサンブルを演奏したものに名付けられていることが多い。

楽器を実際に演奏するのではなく、打ち込みでコンピュータのテンキーなどを使って音符をひとつずつ入力していく方法。発音のズレがなく、しかも実際に演奏するのが難しいフレーズでも正確に、スピーディーに作ることができる。

他のソフトウェアや機器に依存せず、単体で動作、起動すること。DTM用語では、ソフトシンセなどでよく使われ、プラグインとしてDAWソフト内で使用するのではなく、アプリケーションとして単体で使うことができるソフトウェアを言う。ソフトシンセならパソコンが楽器として機能することになる。

MIDI形式の機器やソフトウェアの間で演奏データを扱う際の標準的なファイル形式。シーケンサーやシーケンスソフト、エディタやプレーヤーのほとんどが対応している。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ