用語辞典トップヘ戻る

シンセサイザーが持っているチューニング機能のひとつ。半音よりさらに細かく、ほんのわずかだけ音程を上下させるときに使う。コーラスのように音に厚みを得る効果も。

電圧、電流、電力などの大きさを比較するために、対数を使って表した比率の単位。数値として表現しにくい音量も、人間の感覚に近い表現ができるのが特長。記号は「dB」。

シンセサイザー、シーケンサー、ヴォコーダーなどの電子楽器を使ったポピュラー音楽。レトロフューチャー的なイメージを特徴とする。1970年代後半に世界的ブームに。

エフェクターのひとつ。音を遅らせ、音の間隔を調整する。

音に残響音を加えるエフェクターのひとつ。原音と同じものが、少し遅れたタイミングで聞こえてくる効果。リバーブが細かな揺らぎをもってコンサート・ホールやお風呂のような残響を再現するのに対し、山びこのような反響音として聞こえる。

歪み(ひずみ)系と呼ばれるエフェクターのひとつ。波形の上下を切り取るように効果を作り出している。オーバードライブに比べて、より歪みの度合いが強く、荒々しく硬質で深い歪みまで達することができる。

エンベロープ要素のひとつで、アタックで到達した最大音量から、サスティン(持続音量)までの時間を設定するパラメータ。

「デスクトップミュージック」の略。パソコンとデジタル楽器とを接続して音楽制作、演奏する音楽、またはその制作システム。音楽制作そのものを指すことも。

用語一覧

エンジョイオリジナルミュージック レクチャー篇ムービー

STEP.01 素材の収集

STEP.02 リズムのプログラミング

STEP.03 メロディのプログラミング

STEP.04 構成を考える

STEP.05 仕上げ